網戸張替え方法【必要な材料はすべてホームセンターで購入】

記事一覧

室内

付帯サービスも充実

網戸の張替えは、自分でも行うことができますが、準備などの手間を考えた場合、業者に依頼するほうが手っ取り早いものです。ネット上で業者に頼めば、無料見積りを出してもらうことができ、作業時は網戸のがたつきなどにも対処してくれるので、とても便利です。

詳しく見る

DIY作業にトライ

網戸

ホームセンターに行こう

編戸に穴が開いてしまったり、破れが生じた場合、網戸の張替えをしなければいけません。網戸の張替えを業者に依頼すると、1枚3000円〜5000円掛かると言われています。ご自宅の網戸の枚数×3000円〜5000円となります。ご自宅にガラス窓が10枚あれば最大で50000円掛かる計算になります。編戸の張替えは通常、業者が持ち帰って作業を行うため、脱着から張替えまでの一連の作業を行います。考えてみれば3000円〜5000円という費用は妥当かもしれません。人が作業し、車で納品までの作業工程であれば3000円では安いのかもしれません。もちろん、張替える網戸の大きさにもより価格が異なるでしょう。網戸の張替え自体はそれほど難しい作業ではありません。近年では地震で張替えする人も多くなりました。張替え用の網戸はホームセンターで販売しています。耐久性を考えてFRPネットを購入しましょう。最近では小さな虫が侵入しないような細かい目のネットが販売しており、紫外線の影響を受けにくい黒のネットが市販されています。ネットの価格も品質や目の細かさで異なるので、できるだけ良いものを選びましょう。編戸の固定は押さえゴムを使用しますが、溝の深さを確認してから購入しましょう。ゴムを抑えるローラーも同時に購入しましょう。張替え方法は材料を購入する際に表記してあります。必要な材料をすべてホームセンターで購入し、自身で作業を行えば、費用は極端に安く済むでしょう。

網戸の張替え

ネットの素材を確認

網戸のネットを張替えする時は、ネットの素材を確認しましょう。安価なポリプロピレン製は、手軽で張替えやすいのが特徴です。ポリエステル製はペットがいるご家庭に、グラスファイバー製は紫外線によるダメージに強い素材です。ステンレス製は防犯としても役立ちます。

詳しく見る

男性と女性

自分で挑戦してみよう

網戸をキレイに張替えるには、ちょっとしたコツがあります。ネットを固定する押さえゴムは太すぎると扱いにくいので、4・5ミリ程度の太さを選びます。ネットを固定する時は強く引っ張ると、張りシワの原因になるので力加減に注意しましょう。

詳しく見る

網戸

一括請求サイトを活用

網戸の張替えを業者に依頼したい時は、一括見積請求サイトを確認することをおすすめします。一括見積請求サイトでは複数業者の見積書を比較できるようになっており、業者を選ぶ時の参考にしやすいというメリットがあります。

詳しく見る

作業員

高品質な商品を取り扱う

網戸は風雨の影響を受けやすいため、年数が経過すると穴が開いたり、破れが気になっています。専門業者に依頼すると、耐久性のある素材の商品を取り扱っており、熟練した技術を持ったスタッフが丁寧に張替えを行っています。

詳しく見る

Copyright© 2018 網戸張替え方法【必要な材料はすべてホームセンターで購入】 All Rights Reserved.